お気楽期間工生活から、お気楽スワップ金利生活へ、限りなく予算ゼロ・低予算で目指す、外国為替証拠金取引(FX)初心者奮戦記。目標月収50万円!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 にほんブログ村 為替ブログへ
Bidレートで、遂に13円台に突入。
今の段階では、14円台に戻ってますが、一度抵抗割れしてしまったラインの防衛力は弱くなるので、今後は13円台が当たり前になる事態を想定しておかないと危ない気がします。

ともかく良い材料がない。
南アフリカの生産者物価指数(前年同月比)は、予想の10.2%よりも-0.1%悪い年率10.3%で、前月9.1%より1.2%の悪化。
貿易収支も予想の1億ランドの黒字から、-12億ランドの赤字。
しかも、単に赤字転落というだけでなく、前月-6億ランドより2倍に拡大と非常に悪い。
貿易の黒字化に失敗して、インフレも拡大傾向という結果に。
また、既に電力料金というインフラの値上げをしているため、金利政策も据え置きとなった。

で、この状況に、モノライン最大手が大幅な赤字発表。
米新規失業保険申請件数は、37万5000件と予想(32万件)より大幅に悪化。

とまぁ、投資される側とする側、双方に諸々の悪要素が一気に重なって、リスク資産の整理に投資家心理が一気に傾斜してしまったのだろう。

電力非常事態宣言とか、政情不安とか。
現状ランド、特にラン円は一人負けが濃厚になってきたような気がする。

とか書いてる間に、20銭ぐらい戻ってきたねぇ。
でも、念のため資金追加してから寝ます。
今、寝首掻かれちゃ目も当てられないので。
スポンサーサイト
 にほんブログ村 為替ブログへ
先週は、13円台に突入した後、結局14円50銭に戻したランド円。
現段階では、終わってみたら良い買い場だったで終わりそうです。

私自身は、14.35円と14.45円で1万通貨づつ追加した後、14.05円で3万通貨買おうか悩んだんですが、ここからさらに1円とか下がると、その3万通貨が命取りになりそうな気がして買えませんでした。無念。
ただ、このまま予想に反して反騰していってくれれば、それはそれで含み損が無くなって万々歳なので良いことです。
理想は、15円丁度の辺りで半年ぐらい練り込んでくれると含み損で頭を抱えずに、スワップだけ稼げるので嬉しいのですが、そうはうまいこといかないでしょうなぁ。

さて今週は、結構穏やかに推移するのではないかと思ってます。
特に気になるのは、

2/5(火)のRBA政策金利
2/7(木)のBOE政策金利、ECB政策金利とECB総裁記者会見


この辺ぐらいですかねぇ。
個人的には、コレに

2/4(月) 南アフリカ Naamsa自動車販売1月前年比
      オーストラリア 12月貿易収支
2/5(火) オーストラリア 小売売上高-12月&4Q
2/7(木) ニュージーランド 失業率-4Q


ぐらいか。
南アフリカは乗用車が売れて無いという話なので、悪い数値が出てもそれほど為替には影響しないでしょう。きっと。
オーストラリアの貿易収支が悪いと個人的にはとても嫌。
98円台のポジションが有るので、戻り相場に冷や水を掛けて貰いたく無いから。
あと、政策金利を0.25%引き上げて7.00%にするというのが、市場の予想だけれど、据え置かれた場合の反応が怖い。

イギリスの政策金利は、0.25%引き下げて5.25%。
ユーロは4.00%の据え置き予想。
ポン円は、政策金利引き下げを織り込んだ下げだと思うけど、0.25%幅でなく0.5%幅だった場合、さらに一波乱有りそうかな。
デイトレ派は、ポン円に注目してるとうまくいけばガッツリ稼げるかも。
うまくいかないと、ガッツリ失うと思うので、私はたぶん参加しないけど。

まぁともかく嵐が続いたので、ここらで平穏な週が欲しいです。
 にほんブログ村 為替ブログへ
ラン円、弱!
このもやしっ子め!!
日中は、みんなと仲良く上がっていったのにね。

今日ネットを彷徨いてたら、サブプライム問題でなかなか面白い記事を見つけた。

やる夫で学ぶサブプライム問題

VIPスレを纏めてるサイトで見つけたのだが、サブプライム問題を解説してくれたスレの纏めで、なかなか巧いことマンガで解説されていた。
実際サブプライム問題って何? という、イマイチ解らないって人とかは、コメントも含めて読むと結構勉強になると思う。
 にほんブログ村 為替ブログへ
平和な週を願ってたのに………。
見事にアメリカの景況指数一発で、ぶち壊し。

ケチは、オーストラリアの政策金利が据え置きという誤報で、始まってたのかもしれない。
この誤報と、引き上げ後の演説の弱さで、オーストラリアドルは大ブレに。

それでも金利引き上げが効いて、上値抵抗線を乗り越えて、一時97円40銭まで上げたのだが、そこで達成感が出て一服状態に。
他のクロス円も軒並み、高め安定してたのだが、そこにアレである。
アメリカの1月ISM 非製造業景況指数の前倒し訃報。
予想より悪いとは思ったけど、50前後だと思ってたら、いきなり41.9と、目も当てられない数値が出てきたからたまったものではない。

結局、この指標一発でクロス円は、軒並み一円以上下落。
AUD/JPYは高値から2円以上落ちた状態のままである。

でも一番悲惨なのは、ラン円だ。
13円台を一度タッチしたからには、再び下抜けトライがあると、以前予想したがこれが不幸にも的中する結果になってしまった。
他クロス円上昇の恩恵をあまり受けてなかったところに、景況指数の悪材料でドル資金が一気に引いてしまった感がある。

一度は14円ラインで抵抗したのだが、二度目はあっさり破られてしまった。
こうなると13円台に定着する可能性が高い。
さらに、13円台前半、12円ラインも覚悟しておく必要が出てきたと思う。

でタイトルの件。
14円半ばだったらさして気にとめなかったのだが、本日18:30に1月度のSACOB景況感指数が発表される。
今この状況で、景況指数に大幅に悪化したモノが出されると、50銭ぐらいあっさり下がる危険性があるのではないだろうか?
予想が当たって欲しくないが、悪い予想は往々にして当たるので、一応私は資金を積み増ししておいた。

ラン円ホルダーの方は、今日はちょっと覚悟した方が良いかもしれません。
願わくば、この予想が外れますように。
 にほんブログ村 為替ブログへ
18:30に発表されたSACOB景況感指数は93.8でした。
前回より1ポイントの低下で、ビックリするほど悪い値は出なくて一安心。
ただ、ビックリするほど悪い数値じゃなかったのですが、実は嫌な傾向があります。

下は、此処一年のSACOB景況感指数です。

07年01月-101.5
07年02月-100.5
07年03月--99.5
07年04月-101.9
07年05月-100.2
07年06月--99.1
07年07月--99.6
07年08月--98.1
07年09月--98.7
07年10月--96.9
07年11月--95.8
07年12月--94.8
08年01月--93.8


これを見ますと、7月頃から景況感指数がほぼ毎月1ポイントづつ下落してるのです。
季節的な要因なのか判別しがたいのですが、この傾向は少々記憶に留めておく必要がありそうな気がします。

欧州勢の時間帯に突入してますが、現時点では底堅い動きをしてます。
しかし、ランドはアメリカ勢のリスク回避の影響が大きいため、まだ落ち着いたと見るべきではないでしょう。
今夜も厚めに資金を用意しておいたほうが無難な気がしています。
 にほんブログ村 為替ブログへ
いや、参りましたね。
ほんと好材料がないです。

南アフリカランド円が、ついに13.60割れしました。
もう13円台後半でもなくなりつつあります。

下落目処として13.38円ないし、13.25円というアナリスト見解を見かけました。
この数値はどこから来ているかというと、去年12/27の最高値16.69から、エリオット波動論に基づいて導き出してるとか書いてましたが、速報ニュースであっという間にどこかに流されてしまったので、誰が書いたのかもう解らなくなってしまいました。

これを
「まだ3、40銭落ちるのか」
と取るか、
「あと3、40銭耐えれば一息付けるのか」
と取るかは、受取手次第ですが、そもそも

エリオット波動って線の引き方で如何様にも予想値変わるじゃん

という根本的な問題がありますから、完全に気休めです。

とは言え、13円台で踏ん張りきれなかったら、いったい何処で踏ん張るんだという問題になってきますから、13円台は一つの山場であるとは思ってるんですが。どうなるコトやら………。

 にほんブログ村 為替ブログへ
金曜日からですね、この寒い中外で雨戸洗ってました。
2M半 X 1Mってどんなサイズだよ! 畳よりデカイよ!
そんなの20枚とか、氷水で洗えとか、殺す気か!

そんなわけで、金曜日は全く相場見てませんでした。
ランド。14円チラ見して、帰っちゃってますね。
まぁランド円はそんなもんでしょう。
さらに、G7がかなりガッカリな内容になったみたいなので、来週はいよいよ13円前半での戦いになるかもしれません。

しかし、来週は此処最近急激に下げたランド円より心配なペアが有ります。
それは、トルコリラ円です。

私は、リラ円は守備範囲外で、ヒロセ通商で2,000リラしか持ってないのですが、金曜日にいきなり87円台に落ち込みました。
最近ランドばっかり追っていて忘れてましたが、トルコは先月18日に政策金利を0.25%引き下げて15.5%にしたんですよ。
まぁ金利引き下げは、インフレが収まってきた証と言えますから悪い話じゃないんですが、金利目当ての向きには良くない出来事だったとも言えます。
が、あんまりリラ円は反応しなかった。まぁ落ちては来てたんですが、他のクロス円と歩調を合わせてた感じです。

ラン円がズルズル落ちていく中、なんでリラ円は踏ん張ってるのかなぁと疑問に思ってたんです。
で、今まで踏ん張ってた理由がさして浮かばないのです。
理由無き反抗ってやつですか?

とすると、今のリラ円ってもの凄くまずいポジションにいるような気がしてきたわけです。
これは根拠のない妄想なんですが、とりあえず悪い情報が出たラン円から逃げてた向きが、、ラン円避難に一区切り付けて、次の避難対象通貨としてリラ円を手掛けだしたのでは?
まぁ妄想ですが。

少ないとはいえ、一応2,000リラ持ってるので落ちて欲しくないんですが、G7が期待はずれな内容に終わってしまってますし、週明けちょっと警戒しておいた方が良いかもしれません。


 にほんブログ村 為替ブログへ
実は、仮住まいでネット繋げたら、速攻でデイトレしたんですよ。
そして惨敗orz
万単位で4連敗して、例のデイトレ口座が火達磨に………。

ここ暫くランド話しかしてなかったのは、後一敗すると資金無くなるところまで来たので、落ち着くまで少し自重してたのだ。
で、2月に入ってようやく落ち着きだしたので、デイトレ復帰戦をしてみた次第。

初日
4千円買って、3千円負け。
順序逆だと終わってた(笑)

二日目
千円づつ細切れに拾う。

三日目
2千円、3千円と拾う。

以下そんな感じで今日
3千円、2千円、千円、千円………orz
在りし日の豪快さが微塵もねえぇぇぇぇぇ。

まぁ勝ち続けてるから良いんですが、こんな調子じゃ1回負けると全部飛んじゃうなぁ。
今日なんか、凄いことになってるのに(今この瞬間に小売統計でドル/円がとんでもない跳ね方をしてる)

ソレもコレも、再開してすぐ気が付いたのだが、今の環境だと、サーバーがすぐ止まりそうな気配を見せるので、腰を据えてトレード出来ないからってのもある。
サバ断からリセット再接続まで10分は掛かるので、どうしても手が縮んでしまうのだな。

怪我しない内に、もう暫く大人しくしてるべきかなぁ。

にしても、小売統計一発で凄い状態になってる。
トルコリラ円が86円割れしたり、ランド円が13円前半にいっちゃいそうになった月曜からはちょっと予想できない展開ですね。

ランド上昇は嬉しいけど、仕込みがまだ足りないので、後一ヶ月は底練りしてて欲しかった。
まっ、また落ちてくるに違いない。残念だけど、米の小売統計余波だろうからね。
南アフリカの小売統計は弱かったから。
熱気が覚めればきっとまた手を引かれちゃうに違いない。

とまぁ儲け損なって、中の人は少々ヤサぐれて居るのでした。
 にほんブログ村 為替ブログへ
MJ
やってくれるぜ

気が付いたら またもサーバー赤ライン
そして 決済撥ねられる

諦めずに 再接続試してみるけど
すぐに通信切れるよ

サーバー増設したって 中の人は言うけど
何回やっても 何回やっても 決済通せない

あのシステム なんかおかしい 全然パワーが足りてない
暇な日中狙って 試してみたけど いずれは回線切られる
やっとポジション建てられたとしても 決済出来なきゃ意味がない

だから 次のサバ断喰らう前 私PC2台交互に立ち上げる


マジで、ポジション決済できないままサバ断喰らうから困る。
しかも、決済指示出すまでは正常に通信してるから始末に負えない。

1月までは、値動きの荒い時を外してれば、普通に出来たんだけどなぁ。
これじゃちょっと安心してデイトレに使えないので、どっか別の所に避難するしかないか。
でも、レバレッジ300倍でスプレッド1なんて環境MJ位だし。

候補としては、ヒロセ通商のライオンFXか、サイバーエージェントFXの
外貨exのどっちかだなぁ。


ただ、どっちもレバレッジ100倍なのが不満。
あと、外貨exはスワップ運用に利用してるから、デイトレとの混合運用はしたくないな。
と、なるとヒロセ通商のライオンFXが妥当か。

ちなみに今日の成績

+2,000
-1,000
+1,000
+3,000
+2,000
+5,000
合計+12,000円

その間にサバ断で決済不能になること4回。
本気で、PC2台無いと危ないと思った。
 にほんブログ村 為替ブログへ
ヒロセ通商にLAION FXの申し込みしたのに返事が来ませんorz
申し込み有り難うって返事はすぐに来たのに………。

ちなみに、申し込み番号は四千番台後半だった。後百数十人で、五千人越える計算。
よって連絡が来ないのは、多分審査処理が追いつかない為と思われる。
こんなコトならとりあえず口座開設依頼だけしとけばよかった。反省。

ちなみにヒロセ通商に別口座持ってる人でも改めて、口座開設依頼する必要があります。

さて、しょうがないので今日もMJでデイトレ。
今日は意外にまともに動いたので午前中軽くやって、軽く負ける。
-4,000円。

で、11時頃から完全に動きが止まる。
しょうがないので、飯食べて居眠り。

そして14時頃に見たら、まだBox相場続けてたので、天井でショート参入したら、そこでBox相場終了 orz
一旦損切って、改めてショート参入するも、またも天空に持って行かれる orz

この段階で、損失21,000円。

そして、ここから例のごとく千円、二千円の細かいサヤで損失を埋めまくる。
そんな猫パンチみたいなので、17,000円取り戻したところで、幕之内一歩のリバーブロー級の一発を喰らう。
含み損一気に26,000円。

はじめの一歩 VOL.1
喜安浩平 小山力也 内海賢二

はじめの一歩 VOL.1
はじめの一歩 VOL.2 はじめの一歩 VOL.3 はじめの一歩 VOL.4 はじめの一歩 VOL.5 はじめの一歩 VOL.6
by G-Tools

「大丈夫、まだいける。俺はまだやれる。まだ倒れないぞ」
リングを逃げまどうような感じで、ひたすら含み損が軽減するのを耐える。
それでも、14,000円の損切りで、ほぼ振り出しに戻る。

「あきらめたら、そこで試合終了だよ」
と、超名言を折れそうな心に抱いて、19:00~21:30の間で10回取引した結果。
マイナスから逆にプラス18,000円に、奇跡の復活。

が、最後に取ったポジションで、恐れていたサバ断を喰らう。
こいつを清算するのに8,000円の損失を出し、今日の取引は諦めることにした。

その後、ドル/円は凄い相場になってるが、サーバーがあまりに心許ないので指加えて眺めてるだけという………。

「安西先生、安心してデイトレがしたいです……」

スラムダンク勝利学
スラムダンク勝利学辻 秀一

集英社インターナショナル 2000-10
売り上げランキング : 5810

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
人のためになる人 ならない人―コーチ力が生み出す人間力・社会力
スラムダンクを読み返せ!!―仲間がいるからパワーが出せる (Paradigm human adult books―Culture)
弱さを強さに変えるセルフコーチング (講談社プラスアルファ新書)
心の力コーチング―いつも勝てるライフスキルの育て方
スラムダンクな友情論 (文春文庫)

 にほんブログ村 為替ブログへ
世界三大瀑布の一つヴィクトリアの滝には「デビルズプール」というすごい場所がある - GIGAZINE
私の心の中で、三大瀑布の内、ヴィクトリアの滝の株が一気に上がった!
これは、猛烈に行きたい。

さて、今週の南アフリカランド/円の行方ですが、再び13円台に戻るんじゃないかなぁと見てます。
先週書くタイミングを逸して後付になっちゃうワケですが、14円30銭にちょっとした壁があって、そこで上昇一区切りして、今度は下降を辿るんじゃないかなと思ってたんです。

南アフリカ経済の良し悪しより、アメリカのリセッション入りによる投機資金の停滞が当面続くと思うんですよね。リスクヘッジで引き揚げた資金を、再び投機に回す余裕が無くなっていくと踏んでるわけです。
で、コレまでのランド相場は、その投機資金分過大評価されてたと思うので、当面頭打ちが続くんじゃないかなぁと思うんですよ。
逆に13円からさらに急激に落ちていくかというと、南アフリカ経済は昔に比べたら遙かに健全だし、外貨準備金も金やプラチナの高騰の恩恵もあって厚みが非常に増してる。
14円前後ってのは、かなり実体価格に即した値段だと思うので、パニック相場にならない限り強烈な下押しはもう無いんじゃないかなと踏んでる。
でも先週順調に上がっていたので、押し戻しで13円60銭ぐらいの下押しはあるかなぁ……と。

ま、いずれにしても今週もランド/円に関しては、暴落だけ注意して眺めてるだけになりそうです。
つまり、やることがない。
数日はヒロセ通商の「LAION FX」の審査終了待ちです。
 にほんブログ村 為替ブログへ
あ~アメリカが休みだとホント安心してられるわ。

さて、夕方から円安相場が顕著になってきたのですが、出かけていたので完全に乗り遅れてしまいました。無念。

ですが、頭痛の種だった98円台で拾った濠ドル/円が、久々に購入価格越えてきました。
ドルが落ち着いたのもそうですが、失業率が0.2ポイント改善して、経済の強さが評価されたのが大きいと思ってます。

さて、そうなると次の興味は、久しぶりに100円台に突入するかです。
下のチャートは、濠ドル/円の60分チャートです。

濠ドル60分チャート

これを見ると、実に綺麗に上昇トレンドを描いています。


濠ドル日足チャート

こちらは日足チャート。
こちらも綺麗な上昇トレンドを描いています。

ただ、日足の方が解りやすいですが、標準偏差25で引いたボリンジャーバンドの上限に達しています。
去年末にも同じようにボリンジャーバンドの上限に達した後、調整に入りました。その時は、一瞬100円台に入ったのですが、追い出されてしまいました。
そんなわけで、今回も100円台は夢で終わる可能性が有ります。

逆に、8月に有ったサブプライムショック以降のような流れになれば、100円台を突破していく可能性が高いのではないかとと思います。
その場合、105円台も視野に入りそうで楽しみです。

では、今回どっちのケースになるか。
それは、おそらく水曜日のアメリカ経済指標次第ではないかと踏んでいます。
アメリカ経済指標が悪ければ、今回も100円台で跳ね返されて93円付近まで調整。
アメリカ経済指標が良ければ、オーストラリアの経済の強さと相まって100円台を突破して105円を目指すコースになる。

例によって当たるも八卦外れるも八卦ですが、出来れば105円目指していって欲しいモノです。
とりあえず、今回も暴落して決済し損なうのだけは防ぎたいので、利益の出てるところでストップを入れておこうと思います。
 にほんブログ村 為替ブログへ
ヒロセ通商のHiroseTraderでSaxoBankとの交渉の結果、一部通貨ペアの証拠金を2%から1%へ引き下げるこを決定したそうです。
変更は、以下の8通貨ペア

USD/JPY
EUR/JPY
GBP/JPY
EUR/USD
GBP/USD
EUR/GBP
GBP/EUR
JPY/USD

この8通貨ペアに関しては、市場流動性が高いためレバレッジ上限を50倍から100倍に引き上げますってことですね。
此処までは、スワップ派には有り難い話。
問題は、同時に流動性に乏しい通貨ペアに関しては、同時に証拠金を2%から4%へ引き上げるこを決定した点。

AUD/TRY
EUR/ISK AUD/ZAR
CAD/TRY USD/ISK CHF/ZAR
CHF/TRY ISK/JPY DKK/ZAR
EUR/TRY   EUR/ZAR
GBP/TRY   GBP/ZAR
NZD/TRY   NZD/ZAR
TRY/DKK   USD/ZAR
TRY/JPY   ZAR/JPY
USD/TRY    


そう。トルコリラ、アイスランドクローネ、南アフリカランドの3通貨に関しては、レバレッジを50倍から25倍に引き下げると言うんですね。
ハイレバでストップロス設定して限界まで稼いでるような人は、要注意です。

レバレッジ 変更の日時は3月17日午前10時。
告知から一ヶ月余裕が有りますから、ハイレバレッジ運用中の方は、今の内から少しずつ整理しておくことをお勧めします。

 
 にほんブログ村 為替ブログへ
証拠金変更及び信託保全について(ヒロセ通商)

先に書いた、証拠金変更の日程に合わせて、「HiroseTrader」でもいよいよ信託保全も開始するそうです。
ただ、運用開始は一月先で信託先は不明。新銀行東京?
出来れば他行になることを祈りますが、これで一応前より安心して運用出来るようになるので、アイスランドクローネの運用をヒロセ通商でする条件が整ったと言えます。
後は、資金だけです………orz


もう一方のフォーランド フォレックス株式会社は、本日から信託保全を導入しています。

信託保全スキーム(フォーランド フォレックス株式会社)

提携先は、SG信託銀行。
SG信託銀行は、仏のソシエテ・ジェネラルグループ傘下のプライベートバンキング部門です。
ソシエテ・ジェネラルグループは、ユーロ圏内ではトップ5に入る金融機関なので、信託先としては大変心強いですね。

さて、こうなるとサイバーエージェントFXより通貨ペアが多いし、スワップも再び逆転しているので、フォーランド フォレックスがスワップ運用で一番のお勧め業者ということになりそうです。

ですが、まだサイバーエージェントFXには、運用ポジションリミットや、最大レバレッジが倍だったり、外貨受取可能だったりという利点もありますので、捨てがたいですね。

いずれにせよ、安心して運用できる選択先が増えることは歓迎です。


 にほんブログ村 為替ブログへ
当たらないで良い読みだけは当たる………。

南アフリカランド/円。今週は13円台に逆戻りして、13円60銭ぐらいの下押しが有るんじゃないかなと書きましたが、本当に13円台に出戻ってきた。
落ちるだろうと思っていたのでそれほどショックはないが、少々心配なのはアメリカの経済指標発表前に13円80銭割れまで落ち込んでること。

私は、今夜のアメリカの経済指標はロクでもない内容になると思っているので、指標発表前に此処まで大きく落ち込んでると、ひっとして13円50銭割るんじゃないかと不安になってきたのだ。

まぁ外れれば良いけど、念のため資金用意しておきます。
ハイレバしてる人は、今夜は注意しておいた方が良いと思います。
 にほんブログ村 為替ブログへ
とりあえず、南アフリカランド/円は一山超えたのかな?
今の価格帯はちょっと怖いので、14円10銭当たりでうろついてくれると嬉しいのだが。
ちなみに私自身は今回の下げでさらに買い増してみた。
その結果、いよいよ平均単価が14円も半ばに差しかかってきた。
オーバーペースで積み立ててるから、ちょっと怖いんだけどね。

さて、南アフリカでは日本より遙かに健全な政府予算発表が有ったのですが、どうもお隣さんがさらに悲惨な状況になってる模様なんですよ。

それはどこって?
ジンバブエですよ。

猫でもわかる「ジンバブエ」の簡単な解説:アルファルファモザイク

解説の白人農地強制収容政策開始が2000年。
外資系企業の株式過半数強制譲渡法案が去年の9月に通過。

でまぁそれ以前も凄いインフレだったようですが、外資が遁走して経済機構が完全に破綻したらしく、たった4ヶ月でさらに3倍もインフレが進んだみたい。

CNN.co.jp:インフレ率は世界最悪の「2万4470%」、ジンバブエ

これ、中銀の公式見解で実際はインフレ率が10万~15万%ぐらいに進行してるみたい。
で、さらにどうも昨日ジンバブエドル(ZWD)がドルに対して信じられない下落をしたらしい。

ジンバブエは、一応ドルペッグ制を採用していて、公式には1USD=30000ZWDのレートなので、闇レートでの話みたい。
で、これがどうもムガベ大統領が再選キャンペーン資金作りのために、闇ルートで大量のドル買いをしたせいという噂が出てるらしい。

でまぁ問題は、これが我らが南アフリカの隣で現在進行、しかも超音速旅客機のような勢いで悪化進行中って点。
たぶんこのままだとそう遠くない内、ヘタしたら年内に内戦状態に移行するのではないかとか。
お隣でそんなことになったとして、南アフリカになんの悪影響も出ないとは思えないワケで…。

南アフリカ自体にはそんなに問題なさそうなのに、興味持って調べていく度に悪い情報ばかり掘り当てちゃうのはどうしたらいいのでしょうか?

 にほんブログ村 為替ブログへ
ヒロセ通商のLION FXようやく審査終了しました。
既に、FX2ミニに口座持ってるのに、審査に一週間掛かるとは思ってなかった。
どんだけ募集が集中してるのかと。

来週は、動作と機能を把握するのに使つもり。
入金して本格的に利用するのは、来月からにしようと思います。
初回最低入金額1万円で遊んでみるつもりです。

現時点での印象は、使いやすそうだけどずば抜けて良くもないです。
まぁ操作性は好みが分かれるのでなんですが、MJの方が私は好きかな。

なお、これはデイトレとして使うことを考えての感想です。
高スワップ、手数料無料、低スプレッド、千通貨単位と、
少額スワップ派なら間違いなく持っていて損はない口座です。

ただ冒頭で書いたように、申し込みが殺到中らしく、
今からだと開設までに一週間ぐらい掛かりそうです。

少しでも早く開設したい人は、
・本人確認書類はメールかFAXで送る
・メール、FAXにはLION FX申し込み受付番号を添える
・地のシステムを既に利用してる人は、その利用システム名とIDも添える
・メール、FAX送信後に確認電話を入れる

と、以上の点に注意すれば多少手続きが早くなると思います。
 にほんブログ村 為替ブログへ
ちょっとはやまったかなぁと思うのですが、濠ドルを99円で清算してしまいました。
ずーと含み損続きだったので、もったいなかった気がしますがよしとします。

今後追加ポジションは

AUD/JPY 90円
NZD/JPY 80円
TRY/JPY 85円
ISK/JPY 1.4円
ZAR/JPY 1.3円

上記辺りで拾って行けたらなぁと考えてます。
AUD/JPYとNZD/JPYとISK/JPYは欲張りすぎ?
TRY/JPYは少し甘め?
ZAR/JPYは、実際には持ち過ぎなので、逆に損切るかも。

個人的には、ISK/JPYの下落を虎視眈々と狙ってます。
これ以上落ちてこないかもしれないので、空ぶる可能性も高い。
ですが、今の価格帯はまだまだ高値圏だと思っているので我慢中です。


さて、今週は万遍なく米経済指標発表が散りばめられてます。
まぁ良い発表も有るとは思いますが、地合いが弱含んでしまったので
今週は、悪い発表にさらに敏感に反応する相場になるのではないかと
見ています。
そうなると、105円台を窺う展開になるかも。
この予感。是非とも外れて欲しいものです。

南アフリカは
26日(火)18:30 GDP-4Q 前回4.7%
28日(木)18:30 生産者物価指数-1月 前回0.5%

この二つか?
どちらも電力不足の影響で、良い数値が見込めないと思う。
よって、先週に引き続き今週もドキドキパニックな展開が続きそうです。
スワップが貯まるのが先か? 急落でポジションが飛ぶのが先か?
そんな状況が続いてます。
みんなは無茶しちゃダメだよ。

では、今週も無事生き残れるようお互い頑張りましょう。
 にほんブログ村 為替ブログへ
うが! 寝てた~orz
今日は0時勝負しようと思ってたのに。

今日の米指標は悪くなかったおかげで、
クロス円全般が持ち直してくれて一安心。

そして、ランド円が14台に回復しました。
出来れば、引けも14円台で終わって欲しいのですが、
今の様子だと、また戻っちゃうかもしれませんね。

ただ、14円台を付けたことが大事だと思ってます。
内心心配していたのは、ランド円が14円台に
復帰できないという市場認識が形成されてしまう
コトだったので。

さてコレで、残り4日の間に必ず有るであろう、
寒い指標にも無事耐えきってくれますように。
 にほんブログ村 為替ブログへ
南アフリカランド。調子良いですね。
第4クォーターのGDPが、予想以上に強かったのが大きいですね。
翌日のインフレ指数が悪かったにもかかわらず、底堅く推移してます。

一安心といったところですが、実は今が一番心理的に危なかったりします。
経験上、「もう大丈夫。危険域を通過したな」って思った直後にとんでもない
コトが得てして起きるからです。

なにより慢心が怖い。
例えば、上昇に転じたと判断して身の丈以上のポジションを
取た後、急降下爆撃を受けて資産全焼ってパターン。
不安なときは、ロスカット基準に凄く敏感なのに、安心したら
とたんに丼勘定でレバレッジ上げてたりとか。

今回のGDPは強かったけど、たぶん次回は電力不足とインフレの
影響がいよいよ色濃く反映されると考えて置いた方が無難です。

また、ランドルの影響も大きいですが、南アフリカは欧州圏との
経済繋がりが強い。そして、その欧州圏の経済にも陰りが出て
きているのもちょっと注意していた方がよいと思います。

ランド円は、50銭ぐらいは一晩で落下することがありますから、
13円台半ばに逆戻りする危険もまだまだ十分あると心を引き
締めていきましょう。

もっとも、現在レバレッジ12倍で運用してる私が慎重論唱えても
全然説得力有りませんが(苦笑)
 にほんブログ村 為替ブログへ
まぁ12倍で回してる奴が言ってもねぇ……。
とは思うのだが、ちょっと巡回してたら凄い質問を見かけたので。

質問内容はこうだ。

「エマージング通貨で300万円を運用しようと思ってるけど、
運用予定先が最大レバレッジを半分に引き下げちゃった。
最大レバレッジが下がると、持てるポジションが減ってスワップも減っちゃう。
だから信託保全してる等の安全な業者で、高スワップ、ハイレバで
できるだけ多くポジションを持てて、ギリギリまでロスカットされない所を教えて」

聞かれた方は、ヒロセ通商の「Hirose-FX2」を薦めてたけど。
私もその質問には、「可哀想に早晩破産するな」と思いつつ、
ヒロセ通商の「Hirose-FX2」を薦めるけど。

スワップ派は、大体口を揃えてレバレッジ3倍を推奨してる。
3倍を越えると、途端に破綻確率が上がるという統計データもどこかで見かけたし、
それなりに根拠のある数値なのだ。

ところが、どうもレバレッジ管理を疎かにしたまま、
大金をハイレバで運用してる向きが多い気がする。
運用資産が増えれば増えるほど、この3倍ルールは真摯に受け止めるべきである。
場合によっては、2倍、1.5倍と、もっと厳しく管理すべきなのだ。

例えば、前述の運用資産300万円の質問者の場合。
ランドを諸費用込みで15円で持つとして、レバレッジ100倍なら
2,000万ランド持てる。
1万ランドのスワップが40円なら、一日で8万円。一月で240万円だ。
夢のような収入だが、たった1銭マイナスで20万円失う。
15銭マイナスで、原資300万円が溶けてしまう。
それどころか、たった1分で1円落ちれば、たちまち1,700万円の借金の出来上がりだ。

1分で1円も落ちるコトなんてそうそう無い?
本当にそうか? サブプライムショック関連で瞬落を見かけたぞ。
1998年に、ロング・ターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)が破綻したときは、
ドルが二日で20円暴落したぞ

投資の世界で長生きしている人たちは、
莫大な資金運用には、莫大な損失がつきまとうことを骨の髄から理解している。
だから、資金量が増えれば、自然と地味な運用に収束していくのだ。

ちなみに私が12倍で回してるのは、あまりにも原資が少ないからだ。
仮に先の例で、3万円をレバレッジ100倍で運用しても、20万ランドだ。
1円落ちても20万円の損害だ。17万の借金が残るが、大の大人なら
何とか出来る損害だ。
流石にもうちょっと原資が有るので、100倍じゃなくて12倍なワケだ。
このようにやっちゃったときの被害をリアルに想定して、
覚悟を決めて回してるわけだ。

だが、300万円で、2,000万ランド運用中に1円暴落したら、1,700万円の借金だ。
大の大人でも大抵人生終わっちゃう損害だ。
300万円で、ぎりぎりまでポジション持ちたいと言った質問者は、
その辺を全く想像してないのだろう。

冒険心も大切だが、
死んだとき生き返れますか?
生き返れるぐらいの傷で済みますか?

死んだときのことを考えて、レバレッジはしっかり管理しましょう。
 にほんブログ村 為替ブログへ
流石バーナンキ議長!
俺たちが思ってても言えないことを平然と言っててのけるッ。
そこにシビれる! 憧れるゥ!

まぁ今週、絶対奴はみんな思っていても口に出せない
ろくでもないことを証言すると踏んでいたけど、
此処まで酷い状況になるとはちょっと思ってなかった。

で、昨日。
ランドを13円80銭で積み増そうかなぁと思ったら
「死ぬわよ」
って、ゴーストが囁いたので見送った。

今日。
資金補充しないで外出しようとしたら
「死ぬわよ」
って、またゴーストが囁くので、予備資金投入して出かけた。

資金補充してなかったら2,000円ほどの不足で死んでた。
こえぇぇぇ。

さて、そんな地雷原を歩むがごときランド運用をしてる最中、
本日、1月貿易収支が発表されました。
タイトルで書いた通り、102億ランドの赤字です。
市場予想値80億より、1割以上悪いです。

この後、生産者物価指数の発表があるわけですが、
これもだいぶ悪かったりすると、市場心理と相まって
今日中に12円台を窺う展開になるやもしれません。

仮に其処でこらえても、今日もアメリカの指標発表が
目白押しなので全然安心出来そうにないです。

一応13円20銭ラインに強力な防衛戦が有ると信じていますが、
そこを突破されたら、後は一直線という気がします。
 にほんブログ村 為替ブログへ
待てど暮らせど発表されないと思ったら、
3月3日~7日の間に再延長されてました。

これはヤバイ。
単に集計上のトラブルで発表が遅れているだけなら
良いのですが、政治的判断のニオイがプンプンします。
市場予想よりとんでもなく悪い数値が出ちゃった予感。

今日、今この状況で発表すると、ランドが持ちこたえられない
という政治的判断が入ったのでは?
ううむ、まぁ憶測なんだけど。
もし本当に意図的に発表を遅らさざる得なかったとしたら……。

本気で12円台突入の備えをしないといけないかもしれません。
願わくば邪推で終わりますように。
 にほんブログ村 為替ブログへ
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。