お気楽期間工生活から、お気楽スワップ金利生活へ、限りなく予算ゼロ・低予算で目指す、外国為替証拠金取引(FX)初心者奮戦記。目標月収50万円!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 にほんブログ村 為替ブログへ
◆FXとの初めての出会いとすれ違い
最近、FXと言う言葉を良く聞くようになりました。
気付けば、書店で株や不動産投資の本と一緒に、FXとか外為とか外国為替証拠金取引とか書かれた本がたくさん並んでいます。

実は、私は2000年頃には、FXの事を耳に入れていたのに、まったくその収益力に気付くことなくスルーしていたのです。

当時心のゆとりの無かった私は、
「FXって、要は為替差金を得る取引だよね。為替なんて年に数円上下するかどうかの世界だし。100万円使っても、年数万円。読みが当たっても、銀行預金よりマシってレベルじゃないか」
ただ、為替という単語から浮かんだイメージのみで、取引の内容も詳しく調べずに、早々に投資対象として切り捨てたのでした。
あー何という、浅はかさ。

◆衝撃の4億円脱税ニュース
時過ぎて2007年の春。
FXとの再開は、あの衝撃ニュースがきっかけでした。

主婦が外為取引で4億円を脱税、東京地検に告発される:Garbagenews.com
ちょっと待ってくれ、4億ってただごとじゃないぞ。

そこで、FXについて改めて、上っ面だけ調べてみたのです。
その結果、
「これは、資金が有れば、かなり有望な投資手段っぽいぞ」
「だが、肝心の資金が……」
あぁまたしてもなんと愚かな。

当時私は、600万円の借金を抱えていたのでした。
「投資なんて無理。絶対無理。まず借金を0にしないと」
テンパッていた私は、此処でもFXの驚異的収益性に考え至らずに諦めてしまったのです。

ここでたった10万円でも捨て鉢覚悟でFXに投資していれば、うだつの上がらない貧乏生活から脱していたかも知れないと言うのに。

◆サブプライスショックで腰が引ける
さらに時過ぎて、夏の盛り。
この頃、借金を完済(2ヶ月でどうやって返したかって? まぁそれは別の機会に)した私は、いよいよ本格的にFXを調べだしたところでした。
その矢先に、今度はサブプライスショックが発生。

サブプライスショック自体は、3月にも起きているのですが、その頃はFXにまだまだ興味がなかった時。
しかし、8月に起こったサブプライスショックは、
「今からFX初めても手遅れじゃない?」
そう私に思わせるに十分なインパクトを与えました。

小心者の私は、ここでもまた絶好の投資機会をスルーしてしまったのでした。

◆一銭も使わずに、FXが始められる事に気付く
そして10月。ついに、一銭も使わずに、FXが始められる事に気付いたのでした。

「おお、タダで始められるなら、ダメ元で特攻してみても良いんじゃないか?」
そうなれば現金なモノで、俄然FXに関しての資料集めに走りだしました。

そして遂に気付いたのです。
破綻しなければ、恐ろしい勢いで収益が溜まる事に。
まぁ破綻しないことがミソなんですが(苦笑)

それでも、ローギアで安全運用すれば、かなり簡単に利益が出せる。
そしてそれは、特別難しくないということに気が付いてしまった。

こうして、出会いから7年の歳月を経て、FXの世界に身を投じることになったのでした。
スポンサーサイト
 にほんブログ村 為替ブログへ
◆FXを始めるのに最低幾ら必要なのか?
FXって、始めるのに一体全体どれくらいの資金が居ると思いますか?
100万円? 50万円? 10万円? 1万円?
実は、敷居の低い会社ではたった530円で始めることが出来るのです。
(注:実際には、最低初回入金額に1万円必要だったりする。もちろんその後引き出せば済む話ですが)

何千円もの手数料を払っていた頃からしたら夢のような環境です。
この夢のような環境は、インターネットの発展によってもたらされました。
今では、FX(外貨証拠金取引)は誰でも手軽に安全に取引できるようになってきています。

◆至れり尽くせりのリスク回避機能
株や先物等の金融商品の世界では、昔は自己責任の名の元、相当無茶な取引が可能でした。
そして、相当悲惨な事態が発生したモノです。
故に、古い世代の人は一様に「金融商品は危ない」と言います。
なぜそうなったのか? それは、ストッパーが不在だったからです。

取引システムの自動化と、インターネット取引の拡充により、今では様々なリスク回避機能が用意されています。損失が大きく膨らむ前に、自動的に取引を決済する機能や、資金がマイナスにならないように、自動的に注文を規制する機能等です。

これらは機械的に行われる為、例外を認めません。
客が望んでも一定のルールに必ず従う事になり、結果として自制の効かないユーザーに対しても、歯止め役を果たします。

こうして、今や普通の主婦がへそくり感覚で出来る、非常に敷居の低い世界へと、FXは変貌を遂げていたのです。
 にほんブログ村 為替ブログへ
◆FXは初心者にも優しい金融商品
実際にやってみて判りましたが、FXは欲張らない限り、誰でも比較的簡単に利益を入手できます。
それはもう、信じられないぐらいお手軽に。

唯一の問題は、為替リスクですが、それすらも長期運用に徹すれば、かなり低減できます。

◆覚える事が少ない
お馬鹿さんな私にとって有り難いことです。
例えば株式投資ですと、国内だけでも何万種類もの銘柄から投資に見合う優良株を見つる必要があります。そもそもどうやって優良株であるかを見分けるか? そこを学ばないと話になりません。
対してFXですと、先進7ヶ国の通貨の動きを勉強すれば、事足ります。

極論、ドル/円一本槍でも十分利益が出ます。

◆スワップ金利で濡れ手に粟作戦
昔から高金利商品として、外貨預金というのが有ります。
FXは、実は外貨預金を自力で行うようなモノなのです。
つまり、外貨預金と同じような使い方が出来ます。

ここが私の最大の勘違いにして、致命的だったのですが、私は長いこと株の信用取引と同じく、資金の何倍もの金を運用するなら、差額の資金は借りて利子を払わなければならないと思っていたのです。
この思いこみは、致命的でした。

実際には、FXでは実運用している金額に応じて、スワップ金利を得ることが可能だったのです。
つまり100万円で年利5%のスワップ金利が受け取れる取引の場合、運用倍率を10倍にすると、年利50%。100倍にすると、年利500%。運用倍率400倍だと、年利2,000%。実に100万円で年間2千万円ものスワップ金利を受け取ることも可能だったのです。
(注:だからって本当に400倍とかの倍率で運用すると、最近の情勢からして三日と待たずして口座が爆散します)

10倍、100倍の運用は非現実的ですが、数倍程度なら十分現実的です。
それでも、年利換算で10%以上のスワップ金利を得ることが可能な通貨組み合わせが幾つも存在します。

この事実に気が付き、南アフリカランドやトルコリラでのFX運用を皮算用して、あまりの収益性に眩暈を覚えました。
こうして、私はサイトタイトルのような生活を夢見て、FX取引を始めることにしたのでした。
 にほんブログ村 為替ブログへ
FXだとか、FX取引とか言うけど、そもそもFXって何の略なんでしょう?

まぁ考えるまでもなく、何を指してFXと呼んでいるかは分かると思いますけど、略称の元はForeign Exchangeから来ています。
Foreign Exchangeは、外国為替のこと。
そこから、FXは外国為替、またはその取引のことを指すのですね。

ちょっとまて! なんで略称が頭文字取ってFEじゃないんだ!
実は、もう一つ単語が在って、Forex(フォレックス)と言う単語の頭とお尻をくっつけてFXと略したみたいです。

Forex(フォレックス)は、ズバリForeign Exchangeの事です。
つまり、Foreign Exchangeを略してForex。さらに横着者がFXと略したんですね。
まっ、後半は私の勝手な想像ですが、きっとそういうことですよね。
 にほんブログ村 為替ブログへ
外国為替とは、世界の色々な国で流通している通貨を、それぞれ交換することです。

ニューヨークのホットドッグ屋で、日本札だしてもまぁ買い物できそうにないってのは、想像できますよね。
そこで、日本札をドル札に、交換する必要があります。
逆に日本では、ドル札が使えませんから、ドル札を日本札に交換する必要があります。

この通貨を他国の通貨に交換する行為を、外国為替と呼び、その取引のことを外国為替取引と呼びます。
 にほんブログ村 為替ブログへ
あれ? さっき外国為替取引って説明されたよね。
そう。さっきの説明は外国為替取引
今回は、外国為替証拠金取引の説明。

外国為替取引外国為替証拠金取引
何が違うのか?

そう。漢字が三文字増えてます。
外国為替証拠金取引
この三文字、証拠金が、少額資金で利益を生み出せる仕組みの元になっているのです。

例えば1ドル100円の時、外国為替取引の場合、1万ドル手に入れる為に、100万円用意する必要があります。
対して、外国為替証拠金取引の場合、1万ドル手に入れる為に、1~10万円程度の資金を取引業者に担保として差し出すことによって一時的に1万ドルキープすることが出来ます。

このように、取引額に対して取引業者に担保として差し入れるお金を証拠金と呼び、証拠金を差し出すことによって、為替を実際の資金以上に取り引きすることを外国為替証拠金取引と言うワケです。

証拠金に対する取引額の大きさをレバレッジと呼びます。
先の例ですと、10万円での証拠金で100万円の取引をすれば、レバレッジ10倍。1万円での証拠金で100万円の取引をすれば、レバレッジ100倍ということです。

レバレッジ1倍の外国為替証拠金取引外国為替取引とも考えられます。

また、銀行や証券会社などが扱っている外貨預金外貨MMFレバレッジ1倍に設定されています。
これらの商品は、業者主体の外国為替取引商品と言えます。

よって、
レバレッジ1倍の外国為替証拠金取引外国為替取引外貨預金外貨MMFと捉えることが可能です。

外国為替証拠金取引が、外貨預金の代わりになるというのは、以上のような関係が成り立つからです。
 にほんブログ村 為替ブログへ
円月ロス殺法が炸裂して、口座を一つ潰す。

先週末システムの習熟中に間違って通しちゃった、USD/JPY:114.92買い。
直後に114.70前後で膠着してしまい損切るに高すぎ、持つに安過ぎの状態に。
週末の流れでは、瞬間的に115円台を戻すことを期待出来そうだったので、115台で指しておくも、出来ず。
あぅぇ~?

月曜出出だしはやや安始まり。
「これは駄目かもしれんね」
そう思いつつ。
「でも、そんなの関係ねぇ!」
と、強気にやっぱり115台で指しっぱなしで仕事へ。

帰ってきたら114.50台前後をうろちょろ……。
あぅぇ~?

これは流石に本当に駄目かもしれんねぇ。
しかし、損切ると口座に1万5千円ちょっとしか残らない。

1.チャッチャと切る。それから資金注入して出直す
2.取りあえず入金して113円台目前のロスカットを凌ぐ
3.天運に任す(笑)

どう考えても正解は1。
だが、
「クイック入金できる口座に金がねぇーーーー。」
「セブンイレブンに行って口座間の資金移し替えするのも面倒だなぁ」
とか行ってウジウジ様子見してる間に、爆眠orz

あっと目覚めたら、針の糸を通すような瞬落で、ピタリと強制ロスカットに達っしていた。
流石は居眠狂四郎様。簡単に口座をお潰しになる。

こうして一つの口座が、居眠り一発で燃え落ちたのでした。
 にほんブログ村 為替ブログへ
昨日、居眠り一発で口座を一つ吹っ飛ばしたバカものは、今日もバカをしでかしてます。
指値上げるの忘れて、会社行っちゃった……orz

別口座でNZドル/円を86.92で抑えてたのですが、チキンな私は、IFDO注文で上限88.40売りを入れてたのをすっかり忘れてたのですね。
せめて89.00に差し替えとけば……orz

3枚利確してしまい、44,400円+スワップ1,026円。合計45,426円の利益。
あはは、昨日の居眠り消滅口座分が帰ってきた。
まさに行って来い。

利確したのに、昨日の件と併せて、素直に喜べない。

さて、NZドル。
なんとなく三角持ち合いから、上離れしたような感じに本日なってるワケですが、これ本物かどうかが悩みどころ。
なんせ、円が買われる要素も、売られる要素も一杯ありそうだし。
素人の私には、何がどれくらい影響するかさっぱりなので、どっちに転ぶかまったくもって読めない。
90円をブレイクしてしまえば、そのまま素直に95円付近目指す動きになる気がするのだが、ドルがねぇ……。
ドルが、その間黙って居るとは思えないからなぁ。
今日は、特に重要な指標発表はないみたいだからチャチャは入らないと思うけど、明日以降はまた崩れる気がするし。

ホント、サブプライム問題は頭痛の種だよ。
 にほんブログ村 為替ブログへ
金融庁、外為証拠金取引業者を一斉調査:NIKKEI NET(日経ネット)
どういう事かなと思ったら、どうもアルファーエフエックスって業者が夜逃げしたのが原因みたい。

別の所にもう少し詳しい情報があったが、口座数は500くらいしか無かった模様。
2年前に、此処をFX業者評価No.1と評してたblogが見つかったので、昔は其れなりに有名な所だったのかな?

FX取引会社が破産 : 金融ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞))
こちらは、先月のエフエックス札幌破産に関する記事。
たぶん原因は、同じだろうなぁ。
競馬の呑行為みたいに、電話受注後、旨味の大きい注文は自分で呑んで、リスキーなものは取引所に通すみたいなことをしてたのではないか?

いくら手数料が安かったり、スワップレートが良くても、潰れちゃお話にならないので、取引業者選定には信頼性も忘れず加味しましょう。
 にほんブログ村 為替ブログへ
NZD/JPYで、昨日吹き飛ばした口座分取り返せたので、性懲りもなくデイトレをしてみた。

目標は、でっかくめくり返されないこと。

22:00開始の24:00就寝予定で開始。

-300
0
3,000
-1,200
-1,500
-300
1,500
600
0
0
300
0
合計 2,100
















3,000円拾った後に、3連続でめくり返されて、帳消しにされるも、24:30まで粘って最終的に2,100円勝ちで手仕舞いする。
3連続めくりを反省しつつ、コレを書いてた時。
ふとチャートを見たら

突然ドルが暴落してる!

これは行かねば!

ってことで遅まきにUSD/JPYを指すが、
ちょっとまて、ここは米ドルじゃないだろ、キウイ食べに行けよ!!
と、珍しく天啓が閃いたので、速攻でUSD/JPYを閉じて、バンジージャンプ中のNZD/JPYを88.65で3万ドル。
その後、戻ってくるNZD/JPY超特急を88.61でさらに3万ドル。都合レバレッジ200倍で6万ドル拾う。

これで、また谷川向かって真っ逆様に落っこちてけば、この口座は再び吹っ飛ぶワケだが、
一度拾った口座だ、いっちまえー
と、天運に任せた結果
88.86というほぼ天上値で売り抜けに成功!
13,800円もの思わぬデイトレ収入が入りました。

お陰で、本日のデイトレ収支は15,900円と過去最高の記録を出せました。
有り難うキウイの国。

 にほんブログ村 為替ブログへ
「た、助けてください シャア少佐 ロスが賄えません」
「すまん クラウン その口座には5万円以上の損失に耐えきる資金がない 気の毒だが」
「うわあぁぁぁ」


昨日復帰したデイトレ口座は、止せばいいのにUSD/JPY114.06なんて所に指しておいた為に、帰ってきた時には、もう救いようが無く、大気圏で燃え尽きてしまいました。
ジェット燃料みたいに良く燃える口座だな(笑)

原因は、日中に中国が「我が輩の所も、旧知のロシアさんに見習ってドル見捨ててユーロ買うアル」的発言。その後、「別にドルを売るとは行ってないアルネ」と、曲解報道だと怒ったようだが、ドル中心運用の状態で、多角的通貨運用するとしたら、ドル売るしか実現方法無いじゃないか。そりゃみんなしてドル売るよ!

流石に今回は、他の口座も含みが減少してるので、救援は無し。デイトレは、次のお給料かスワップが溜まるまで閉鎖か。

しかし、私とて金利生活を目指した男だ! 無駄死にはしない!!

そんなワケで、105円中落ちまでしてきたオーストラリアドルをスワップ金利口座に組み込みました。
こっちは、流石に飛ばれるとしゃれにならないので、大層控えめに1万通貨のみ。
ドルに引っ張られた各国の通貨も戻っりつつあるので、金利派にはポジション拡張のチャンスになったのかな?

だが、どうにもアメリカは無理心中狙いっぽくて油断ならん。
お願いだから、他国の足首掴んだまま金門橋から飛び降りないで欲しい。
 にほんブログ村 為替ブログへ
寝て、僅か2時間後にNZD/JPYが86円切る寸前まで行く。
怖!
85円台に入ってたら、セントラルに置いてある本命口座が燃え尽きてた!

ちよっとこれは調子ノリ過ぎと反省して、いそいそとポジションを大幅に削りました。
起きて画面前にいれば、まだ何とかなるけど、寝てる間はどうにもならないからね。

今回思い知った怖い点は、我々が寝てる時間帯が、丁度諸悪の根元サブプライム問題を世界にばらまいてるアメリカの、懺悔発表時間帯に成ってるって事。

この後もまだまだ、いやな懺悔は夜毎続きそうです。

対策としては、逆指値で万一の損害を防ぐか、十分な余裕資金で飛ばさないようにしておく位かな。

後は、いっそ全てのポジションを外しちゃう。
実際、毎月とか、数日毎にこうパッカンパッカンと下ブレが発生するような環境なら、スワップ金利狙いよりスイングトレードした方が効率が良いだろうし。

まぁ暫くおとなしくしてるのが、初心者としては無難かねぇ。
 にほんブログ村 為替ブログへ
昨日に引き続き、ドル棒下げ。
クロス円も全部下げ。スワップ派には目を覆う惨状。

昨日、ポジションを大幅に削減したので、此処まで悲惨な下げでもセントラルの口座は無事。
でもね、もうこれ以上やることが無い。

元々資金が少ないし、乱打戦はに打ち勝つ自信もないので傍観を決め込む。

で、デイトレ口座で、ぼーっとボードを眺めていた時ね、
「あれ? 1ロットなら指せ無くない?」
試しに、テキトー値で買い。
通った(笑)

ギリギリ1ロット分資金が残ってた。

となれば、やらいでか。
21時ぐらいから、今の今までズートデイトレしまっくてた。

最小ロットだからチマイ事チマイ事。
100円、300円、-500円とかそんな感じで、ひたすら買う、売る、売る、買う、買う、売る。
で、徐々にロット数が増えて、23時過ぎには口座資金復活。

これは!
と思いつつ、ロット増やしてNZドルで勝負したら、すぱっとめくられて最初に戻るorz

やってらんねーとふて寝した後、25時頃から今度はドルで勝負。
またも口座資金復活。

こんどこそ!
と思いつつ、ロット増やして勝負したら、すぱっと2連続めくられて最初に戻るorz

ギャー丸一日へばりついてて何も残ってない。
流石に三度やる根性はないので、これを書いてる。

デイトレ難しいぃぃ。
勝つ時は、勝ち分-スプレッド
負ける時は、負け分+スプレッド
なので、スクエアーな勝負感だと当たり前だけど勝てない。
ポジションを立てた時点では、スプレッド分の負け状態なので、読み筋通りに値が傾いてようやく勝負スタートなワケで。だから8:2くらい読み勝てて、ようやく収支トントンじゃないかなぁと思った。

あと、損切りを早くってのがセオリーなのだが、駄目って時はスパーっと値が滑ってちゃうのね。
損を切る間がない。
利幅を増やすまでの間は、1取引で数分~10分以上って時もあるけど、今日喰らった致命的な損の時は、いずれも30秒と経たずに損幅が拡大していった。
素手で殴り合っていて、殴り勝ってると思ってたら、いきなり長ドスで腹刺されたって感じ?
えっ、そりゃないよ……って思いつつ、あっという思う間もなく失血でバタン。
負けた時は、いずれもそんな感じでした。

相手が長ドス出す直前に、なんとも言えない微妙な緊張感が漂う値動きになるので、プロトレーダーはその辺りの機微を敏感に感じ取って、其処はすっと後ろに引いてかわしてるんだろうなぁ。
ただ、其ればっかりしてると、スプレッド分の負けだけがかさんで行くので、結局勝てない。

今日は行って来いだったけど、いつかデイトレ能力を身につけたいなぁ。
 にほんブログ村 為替ブログへ
◆外貨預金とFX
現在日本では、銀行にお金を預けていても、ほとんど金利が付きません。比較的金利が高いネットバンクでも、ほとんど1%未満のケースが現状です。その為、金融商品としての魅力は非常に劣るモノとなってしまいました。

例)イーバンク銀行 2007年11月01日現在
普通預金金利 0.35%

そこで、銀行は預金者を引き留める商品として、見かけ上は高金利な外貨預金を積極的に売り込むようになりました。その結果、現在では外貨預金は、かなりポピュラーな高利回り金融商品として認識されています。
ですが実際は、見かけの金利と違って全然お得でも何でもありません。

FX(外国為替証拠金取引)も、外貨預金と基本仕組みは同じなのですが、外貨預金に比べて色んな事を自分で決める必要があり、その為の確認や説明などが多く取っつきにくいモノとなっています。
しかし、運用倍率(レバレッジ)1倍で運用すれば外貨預金と同じなのに、多くの外貨預金に比べ10倍以上お得です。

◆一般的な比較
外貨預金とFX(外国為替証拠金取引)は一般的に次のような違いがあります。

外貨預金
取扱会社 : 銀行、信用金庫
為替手数料 : 1通貨単位辺り往復2 円が主流
取引時間 : 取扱会社の営業時間
最低預入金額 : 10万円~300万円
引出制限 : 一般的に定期預金
金利 : 取扱会社の定める金利
為替レート : 取扱会社の定めるレート

FX(外国為替証拠金取引)
取引会社 : 証券、先物、商社、独立等の会社
為替手数料 : 1通貨単位辺り往復1銭~10銭が主流
取引時間 : 土日を除く24時間が基本
最低預入金額 : 500円~10万円
引出制限 : 自由
金利 : 取扱会社の定めるスワップ金利
為替レート : 注文時のリアルタイムレート

そう、FXの方が外貨預金より、為替手数料が10倍~200倍安いのです。
この一事だけでも、FXが外貨預金よりFXが断然お得であると言えます。

◆自由に引き出せるその利点
その他にも、FXでは自由に引き出せる為、為替リスクを在る程度コントロールできますが、外貨預金では一般的に定期預金の為、自由に引き出しできず、満期の為替レートを甘んじて受けねば成りません。

実例ですと、去年2006年の12月の米ドル/円レートは、1ドル114.44円~119.18円で、今年2007年6月に124.12円の最高値を付けた後、7月から円高が進み、このままですと12月には1ドル110円台を切る危険性も出てきています。
過去2年半のドル/円為替月足

参考資料:2006年~2007年のドル/円月足チャート。
クリックすると、別窓で拡大表示されます。

仮に、去年の12月に金利が4%で1年定期の外貨預金をしていたとしても、為替差損で満期に10%程度の元本損失を被る為、満期解約すると5%以上の損害が発生することが予想されます。
結果、一年満期を延長するか、泣く泣く元本割れで預金を受け取るかしか選択肢がありません。
しかも来年の為替も、今年と同じ結果にならないとは限りません。その場合、また1年先延ばすのか、諦めるのか……。
このように、外貨定期預金では、結局満期時の為替レートと言う運任せの側面が非常に高くなります。
(去年の今頃、誰がこんな円高を予想していたでしょうか?)
このリスクを減らす為に、一ヶ月単位の定期も在りますが、当然金利も期間に応じて低く設定されています。

FXで運用していれば、7月から円高に振れだした事を認識して、為替差益の出ている内に決済して引き出すことが可能です。金利もスワップ金利として日々積み上げられていますから、なんら不利は発生しません。

◆自由にリスクを取れることの利点
外貨預金は日本円を外貨にして預金します。
1万ドル預ける為には、1万ドル分の実資金を用意する必要があります。
1ドル100円時に預金して、1ドル90円時に満期を迎えると10万円の為替差損を被ることになります。
しかし、それ以上の損失は被らないで済みます。

対してFXでは、レバレッジを効かして実資金以上の外貨を保有することが出来ます。
レバレッジが上がれば、当然リスクも上がります。
レバレッジ10倍で、1ドル100円時に買った場合、1ドル90円に成ると全損になります。

さて、もし長期に渡って引き出す必要がない余裕資金があったとします。
さらに、金利年は5%で、過去事例から為替変動が10%未満の通貨が在るとします。

これを外貨預金で行う場合、どんなに為替リスクが無いと判っていても、実資金以上の預金は不可能ですから、毎年5%の金利しか受け取ることが出来ません。

対して、FXでは10%未満の為替変動ならレバレッジ10倍で運用しても破綻しない事になりますから、実資金の10倍の運用が可能です。
この時、受け取る金利も10倍になります。
つまり、外貨預金の実に10倍。50%の金利を受け取ることが出来ます。
単利でも2年で原資が回収でき、以降も2年毎に原資分の金利が回収できます。

つまり、リスクと引き替えに、外貨預金より遙かに効率よく資金を回転させることが出来ます。
現実には、レバレッジ10倍はかなり危険ですが、2~3倍程度なら十分安全と言えるでしょう。もし、リスクが高まってくるようなら、手仕舞えば良いのです。先に述べたように引出自由なのですから。

その他にもFXは、売りから入れたり、持っていない通貨同士を交換保有できたり(例:円を米ドルに換えてユーロを買う)など、外貨預金には無い利点があります。
 にほんブログ村 為替ブログへ
今日は、スワップ派にとっては最低な値動き。

朝一、窓明けて大幅円安でのスタート。
メインのNZドルもあっさり84円割込みスタートで、こりゃもう駄目だなと腹を括る。
幸い持ち直しつつあったので、出社をギリギリ遅らせて、84円で全ポジションを損切る。

日中さらに持ち直すかも知れないとも考えたが、週末にも同じ事を考えて結果がコレだったので、これ以上の未練は身の破滅を招くと綺麗さっぱり無くすことにした次第。

帰ってきて現在の壮絶な状況を見るに、やはり朝の判断は正解であった。
NZドルは82円割れどころか、81円も半ばまで落ち込んでいて、目も当てられない状況になっている。
85円割った時点で、薄々80円割れも近いかも知れないと思っていたが、こりゃ今週中に80円割っちゃうかも知れない。

ならばいっそ、ショートポジションのデイトレ稼ぐってのも有りだが、少ない資金では軽くめくられただけで致命傷に成りかねない。第一自分のデイトレ口座での成績を振り返るに、とてもとても手を出せるものじゃないと自重する。

結局こんなハイペースで値崩れする状況では、下手くそは資金を引き揚げてじっとしてるに限る。

で、資金引き上げてしまったのでいよいよやることが無くなってしまった。
最速でも今月の給料が出るまでは、ポジション持ち直す気にはなれないし。

ちなみに、NZドルであるが、此処まで下がると当面の下値目処は80円だけど、年内75円割れが在るかも知れないと思っている。さらに、サブプライム問題を絡めると、来年3月くらいには70円台割れも在るかなぁと踏んでるのだがどうだろう?
スワップ金利で横着したい身として、なるべく安く仕入れて放置できれば最高なので、ノーポジになった今、下がれ下がれと無責任に思っているのであった。
 にほんブログ村 為替ブログへ
日銀総裁は、「大丈夫。アメリカは落ち込んでも軟着陸できるよ。その間、新興国で世界は引っ張られるからサブプライム問題なんて一時的さ」なんてノー天気に語ったけど、終わりに「でも、予想より深刻な事態になったら凄い大変だね」と付け加える。要するに、どっちに結果が転んでも、転んだ方の発言をあのとき言ったと言える内容。玉虫色とは正にこのこと。
ニュース見出しでは、後半の発言は何処もカットだけどな。

今日は、資源国関係は総じて戻りが強く、1ロットでもロングで張っていれば、2万円位は稼げた。ただ、まぁ留守中にまた余計な出来事が起きるといやなので、日中は全くポジション持たず。
帰宅後、地味にドル/円を1ロットで仕掛ける。

 1,300
-1,800
100
2,700
300
 合計 2,600








今は、これが精一杯。
今回は、ともかくマイルドな取引を心掛けた。
なんせ、ギリギリ1ロットだけ仕掛けるしか口座にないから、1ミスで遊べなくなってしまう。
ドル/円をチョイスしたのも、NZドルや濠ドルだとスプレッドが5以上あるので、指値よりちょっとでも反対に行くとすぐに1,000円以上の含み損になる為。
日中、あの発言があるなら仕掛けといても良かったなぁと、ちょっと後悔。

明日もこの調子でプラスに出来れば、2ロット指せるようになるけど、後1万円~2万円ぐらいプラスになるまで自重してようと思う。
 にほんブログ村 為替ブログへ
と書いて資金力。
金の力と書いて、金力。

そう。金は力だ。暴力なのだ。

FXは小金で始められるのだが、初期資金は多い程有利なのだ。
「金に飽かせて」
売買できるし

「金の光は阿弥陀ほど」
ありがたみがある。

しくじっても、
「金で面を張る」
コトで持ち直せる。

ロスカットの憂き目に会うか会わないかも
「金が物言う」
「成るも成らぬも金次第」
なのである。

まさに、
「金さえあれば天下に敵なし」
「金さえあれば飛ぶ鳥も落ちる」
なのである。

そして、金が無いと実に惨めである。
「金の切れ目が縁の切れ目」
「金の無いは首のないに劣る」
のだ。

要するに、離席の為に逆指値して戻ったら、ピンポイントで約定されて凹んでるのだ。
たった2,000円の下押しに、損切り設定しておかないといけない。
そして、それがピンポイントで通っちゃう勝負弱さ。
金がない時は、なにやっても金が減っていく。

デイトレ口座。
お金継ぎ足して、せめて3ロットは動かせるようにしたい欲求に駆られ中です。
 にほんブログ村 為替ブログへ
アメリカの景気指標が意外に強かったのを受た、ドル急騰の所を43pip拾うことに成功。
その後の上下特急に乗り損なうも、2度目の下りに途中乗車し9pip拾う。
-2,300
-1,800
2,200
700
400
-3,500
400
100
4,300
900
200
2,000
合計 3,600

















最初の負け2つは、料理作る為に逆指値して離席したら、ピンポイントで約定しちゃった分。
真ん中の-3,500は、20:00手前から始まった下げ時の、我慢してたけど戻らず、諦めて損切りした分。

これで、2ロット指せるように成った。
で、さっそく2ロット指したら、棒下げを喰らう。
あるぇー?

ボリジャンで、さっきしっかり抵抗した所でまた抵抗したのを確認後、乗っかったのにあっさり降伏される。
で、他の指標的で、典型的なダブルトップが形成される。

20分遅れで、ダウがマイナスに転じた情報が入る。
orz

みんな何処で、ダウのリアルタイム情報仕入れてるんだろう?

結局すぐに乗り換えればいいモノを、2ロット指せなくなるってだけで辛抱した結果、取り戻すまでに2時間半掛かってしまった。

そんなワケで今日もギリギリ+3,600で終了。
明日は、もちょっと楽なデイトレをしたいものです。
 にほんブログ村 為替ブログへ
今日は、眠いので全然デイトレ頑張っていない。

でも、今日は2ロット指せるようになったので、両建てでミスをカバーできた。

両建ては、売りと買いの両方のポジションを持って、損を固定するコトが出来る。
思惑通りに行かなかった場合に、両建てすることによって一旦損を固定し、思惑通りに動き出すまで、リスクをヘッジすることが出来るワケだ。
ただし、ダブルで損を被ることもあるので、結構使い方は難しい。
あと、両建て禁止の業者も多いので、注意が必要。
私がデイトレで使ってるMJ「SpotBoard」だと、両建て可能で、手数料0。
また、両建て指定してないと、反対売買されちゃう業者もあるので、要注意。

今日は、戻りをいつものように信じて買ったら、いつものようにめくられてしまった。
まぁいつものパターンですね。
ただ、結構底値だったので戻ってくるって確信は有った。
でも、何処まで下がるか判らない。
そこで、両建てして一旦損を固定した。

その後、随分下げたけど、戻ってきたので、両建てを解消。
結局、完全に戻らなかったけど、投げてれば3,000円ぐらいの損を、600円のプラスで納めることが出来た。

その後は、上げてる時も下げてる時も半眠り状態で流れに付いていけず。
怪我しないように、ちょぼちょぼと指すので精一杯でした。

 800
-200
300
500
合計 1,400









これで、3日連勝してデイトレ口座出力30%回復。
遂に3ロット指せる所まで戻ってきた。
そろそろ又無茶トレしたくなってきたぞ。
 にほんブログ村 為替ブログへ
本日33取引。延べ5時間半の死闘で、で1,800円のプラス。
時給換算だと327円。トホー。

いやー勝って終わったから、楽しかったけと言えるけど、途中経過は恐ろしく悲惨だった。
もう駄目かもしれんね。とマジ切れて投げそうだったもの。

ホント土俵際で粘るよなぁ>自分。
そこで粘れるなら、なぜ土俵中央で頑張れないかと小一時間問いつめたいが。

オープニングは20:56。
丁度ドル/円がBOX相場だったので、売りから入ってみたらいきなりBOX抜けで1,400円めくられる。
その後、素直にトレンドに付いていって2,200円取って取り返えすも、4連続方向読みズレで、0円 0円 -1,000円 -200円と損切りを繰り返し、再びマイナス転落。
しかし、その後山谷を細かく6回取り続けて、2,600円のプラスにまで挽回した。

此処の時点で6勝4敗2分けで、22時半を回る。
此処で辞めてブログ書いてれば、これ以降の地獄を見ずに済んだのだが……。

22:38。BOX天上と見て、2ロット売りを仕掛ける。
コレが地獄の幕開けとなる。
直後にあっさりBOX抜けされ、一気に110円70銭台に戦場が移行してしまう。
仕方ないので、押し目で損切ろうとするも失敗。
さらに悪いことに、戦場は110円80銭台に突入してしまい、いよいよ111円台を目指す勢いに。
もうコレは泣いて損切って相場に付くしか取り返せる道はないと、急いで損切りして買いに回る。
-4,000円

悲劇はそこで来た!
突然、買い板と売り板の値が乖離しだしたのだ。

買い板は90銭台へ向かっているのに、売り板は70銭台に下っていく。
ちょーーーーーーーーと思っている間に、悲劇の窓開け下落。
買い板が一気に10銭落ちる。そして売り板は60銭台に。

ギャーーー

速攻でなりふり構わず手仕舞い、そして取り返そうと躍起になるも、暫くは板値がデタラメに動くという状態で、まったく良いとこなし。

そして、嵐が過ぎ去った後には、6連敗、-11,100円。
たった20分で、差し引き-8,500円損という悲惨な結果だけが残るという事態に……。

終わった。
流石に、後千円ちょっとマイナスで、1ロットも指せなくなるこの惨状から、口座は立て直せないだろう。
マジでお先真っ暗状態。

ところが、この後23時半頃から、3時間掛けて、1ロットでほぼ全ての山谷を拾い、14勝1敗1分けという驚異の勝率で、1,800円のプラスに戻すことに成功。

どんだけしぶといんだ!
ってか、その驚異の打率を最初から出してくれよ。

いやーホント、デイトレは懲り懲りですよ(苦笑)。
早く安心してロングポジ取れる環境になって欲しいものだ。
 にほんブログ村 為替ブログへ
先に断っておくが、多分かなり危ない。
というか、規約上ばれると怒られそうなので、実践しても一切責任持てません。

例えば、【サイバーエージェントFX】とか、セントラル短資オンライントレードとか、ヒロセ通商とか、上田ハーローFXとか、他にも挙げるとキリがないけど、デイトレより長期運用に重きを置いてると思われるFX業者だと、現在NZドル/円のスワップ金利が1万通貨単位辺り1日180円前後付く。
仮に100万円の証拠金で、5万NZドルロングポジションで保有すると、一日辺りスワップ金利が900円付く。
1月を30日として、27,000円のスワップ金利が付く。
1年だと328,500円になる。

さて、グレーゾーン金利撤廃が決定している昨今、真っ当な所なら100万円以上は年利15%、100万円未満の場合でも年利18%で金が借りられます。(審査通らないと駄目だけど)
仮に100万円を年利15%で借りたとします。
この場合、1年で15万円の利子が付きます。

……。なんと! 100万円借金した場合の利子より、FXのスワップ金利受取額の方が多いぞ!

はい。といったワケで、借金してFXをロングで運用しても上手く回るんじゃ有るまいか?
とまぁ、非常に危険な匂いのすることに気が付いてしまったワケです。

で、コレは現実味があるのか考えたのですが、行けそうですね。
もし何事も起きなければ(笑)

考えられるリスク
1.為替変動を喰らってポジションを決済される
強制ロスカットが20%だとすると、100万円の証拠金で80万円までの含み損は耐えられる。
5万NZドルの運用だと、16円の円高まで耐えられる計算です。
これは、現在の相場を1NZドル=84円として、68円までは耐えられることに成ります。
かなり安全そうな値ですが、実際1NZドル=68円を割ることがあるかというと、過去に割ってるので、割らないと言う保証はない。まぁ過去に割ったことがないからと言っても、将来も割らない保証はないのですが。まぁ結構微妙なラインでは有ります。

2.金利変動を喰らって受取金利が減る
ニュージーランド政府には、どうも当面金利引き下げの意志は無さそうですが、日本政府には金利引き上げの意志が有るので、注意は必要です。最近一人以外反対で却下されましたが、油断は禁物です。

3.全額一括返済を求められる
大抵の融資の利用目的規約に、投資資金としての流用禁止規約が付けてあったはず。
失敗したら大変なことになるから、辞めようねという親切心からではなく、返せなくなったら俺らが困るだろうが!という実に判りやすい理由です。そして、約束破った奴からは耳を揃えて返して貰うぞって規約もあったはず。
よって、借金でFX運用してるなんて発覚すると、非常にまずいことに……。

4.スワップ金利だけ受け取れない
こりゃもう、うっかり侍というか、うっかりハチベエとしか言いようがない。
取引業者によっては、ポジションを解消しないとスワップ金利の引出が出来ない所がある。うっかり、そんな業者で運用してしまうと、大変まずいことに……。

5.税金が考慮されていない
このケースだとまだあまり考慮しなくても良さそうだけど、雑所得が36万円超えると色々面倒だったような……。

まだ何かありそうだけど、とりあえずこんなモノですか?
なんか行けそうな気がしますな。

というか、コレ。絶対先人が思いついて、結果どうなったか記録を残してそう。
なので調べてみたら居ました!(笑)
借りた金でFX Ver.TRYJP
ちょっ! 120万円でトルコリラ80口って、やばいんじゃねえぇぇ?

7月末の日記があぁぁ(泣)。

どうやら、駄目だったらしい(泣)。

というワケで、この手法は大変危険命がきけ~ん!
なので、これ読んで、実践した結果どうなっても責任は持てないことを改めて念押しして、締めたいと思います。
 にほんブログ村 為替ブログへ
今日は20取り引きして、現段階で+600円。

どうも今日は何しても駄目っぽい。
コレ書いてる瞬間でも、5,000円ぐらいの勝ちをフイにしてるし。
な~んで110円が買えないかなぁ。

さてドルがどうも立ち直る気配がない。
何処のレポートだったか忘れたが、
「腐ってもドル。原油はドル建てで決済だから、幾ら刷っても結局アラブ各国が引き受けてくれる」
というのを日曜に読んだ。
「おいおい。そんなこと言ってると産油国がブチ切れるぞ」
と思ったら、OPECでベネズエラとイランだったかが、原油のドル建て決済を多通貨決済にしろと提案して、親米のサウジに抑えられたというニュース。
まぁ文面通り読めば、産油国は変わらずドル建て決済で行きますよだが、そもそも部外に多通貨決済、もっとハッキリ書けば、ドルからユーロ建てに決済変更したいなんて内輪揉めを晒すなんてコトは抑えられるはずなのだ。
つまり、
「今回は、みんな俺(サウジ)の顔立ててくれたけど、大概にしないと、本気でユーロ決済にするぞ」
と言う、まぁ警告なんじゃないかなと。

時同じくして、ドバイ国際金融センターの総裁が、アラブ首長国連邦とカタールで、ドル連動制変更を含めた為替制度の見直しを検討していると発言したし。

つまり、
原油価格はおまえの国のヘッジファンドの投機で加熱してるのに、手元に入ってくる札束は鼻紙になろうとしている。もうソロソロ我慢の限界だぞ!
ってコトなのだろう。

さて、そうなるといよいよドルの立場は悪化するばかりなのだが、一体全体どこで下げ止まるんでしょうね?
ともかくアメリカが安定してくれないと、枕を高くしてスワップ金利取りに行けないワケで、困るのです。

と、この記事書いてる間に1,200円取って+1,800円にしたので、今日はコレで寝ることにします。
 にほんブログ村 為替ブログへ
帰ってから、重要指標発表まで待ってずに寝落ち。 orz
で、24時に起きだして、オープニングとして400円拾う。

が、またやってまいました。
粘りまくっか結果、3枚掛けで落馬転倒。

-10,100
これは今度こそいよいよ持ちなおせんジャマイカ?

だって今、朝の4時なんだもの(>_<)

この時間から、1万円取り返すのは無理っしょ!
もうね、グラディウスの復活プレイ並みに無理難題。

取り返したー(^_^)v

6時10分に、結局+400で終了。

だから、1万やられて取り返せる能力があるなら、最初から1万やられるなと小一時間……。
ってか、400円勝ちで終わるなら、0時頃の一勝負で寝てれば、今この瞬間幸せな目覚めを満喫してたはずなのに……。
なに、このどんよりとした淀んだ気分は(泣)。
これから会社かよ……。

お金は取り返したけど、大切な何かは振り切ってしまった気がする。

俺は昔からそうだった。シューティングゲームだと、残機が残り一機になるまでボンミス繰り返す駄目人間だった。背水の状況にならないと、邪気眼が開かないのですよ(笑)。

あ~明日こそは、ってかもう今日だけど、スパッと判りやすい勝ち戦したいよ。
でも、さすがに会社から帰ってきたら死んだようになってると思われ。
 にほんブログ村 為替ブログへ
日記ほぼ書き終わった所で、PCが飛ぶorz

なので簡単に記述。

今日は、期せずして徹夜明けになった身に、普段まったく無い残業を課せられ、死んだような感じで20時過ぎに帰宅。
椅子に座ってその後24時頃まで意識を飛ばす。

で、自動売買を今日は試しておいたのだが、108円台行き超特急に轢かれて700円の損を出していた。

その後、例によって出だしに、上り特急2本に轢かれたり、流石に徹夜したせいか、全般的に振るわず、朝5時の時点で7,000円マイナスに。
朝の6時前にようやく一本下り特急を拾って、3,800円取り返すのが精一杯な感じだった。

で、まぁ流石に毎日盛り返すのは無理だなぁと諦めようとしたら、なんか良い具合に7時前に上下に一本ずつ列車が来て、終わってみたらプラス1,900円でした。

なんと言う悪運。
段々恒例に成りつつあるが、次回こそ楽なデイトレがしたいです。
 にほんブログ村 為替ブログへ
流石に今日はどうしようもなさげ。

帰ってきて、一応一指ししてみたのだが、20分掛けて指値に辿り着くので精一杯。
結局指値で反対売買して収支0で終了。

日中は、動きがあったのだが、私が帰宅した頃にはのっぺり無風状態。
これでも、スプリットが普段と同じ様に1pipsないし2pipsであれば、この狭い範囲でのBOX状態も絶好の稼ぎ場になり得るのだが、3pipsとか4pipsも開いていては、スリップを埋めた後に1,2pips分程度の利を乗せるので精一杯。そのくせ、ちょっとでもBOXレンジをアウトブレイクされると、5,6pipsぐらいの損を被せられてしまう。
リスクの大きさに対して、期待できるリターンが少なすぎる。

そんなワケで、今日は早々に降参宣言。

夜中に、アメリカの連中が取り引きしだして、スリップ幅が縮まって来るようなら仕掛けてみるかも知れないけど、その前に机の前で轟沈してるだろうな。
 にほんブログ村 為替ブログへ
寝ていたので、何も出来ずorz

ってか、昨夜は謝肉祭であんなに無風だったのに、日本の祝日ではなんであんなに激しく動いてるのさ!

で、遅まきながらちょっと参戦。
だが、たちまちしっぽ丸めて逃げ帰る。
だってさ、値が飛びすぎるんだもの。

なんだよ、107.77銭の次の値表示が107.68銭って! おかしいだろ!
107.77銭の次は、107.76銭か107.78銭だろ!
とファビリたくなるうな、値飛びの嵐。

とりあえず、900円、300円と取って一時撤退しました。
今日は、このまま放置すれば、プラス1,200円。

でもコレだけ動いてるのに、何もしないってのはデイトレ失格なのでは?
いやいや、あんたそもそもスワップ派だろう?
スワップ金利でうはうは生活が、ブログ立ち上げ時の目標だろ?
まったく其れ系の話最近書いてないけど。

……ちょ、MJ「SpotBoard」の口座履歴見たら、もう取引回数500回越えてるよ!
どこからどう見ても立派なショットガントレーダーです。本当に(笑)
この有様で、何処がスワップ派なのかと……。

どうもあの5時間半の死闘で、何か壊れたみたいです。

あれ以降、今週はズートMJ「SpotBoard」の取引手数料が無料なのを良いことに、やりまくってたからなぁ。

しかし、500回も売買してまだ口座が健在ってのは、予想外。
始めの頃は、三日で10万円に増やして、20分で残高5千円に壊滅させたり、一日で5万円に回復させて、20秒で消滅させたりしてたので、今月頭には追加資金注入しないと取引不能に成ると思ってたのだが。手数料が無料のなせる技か。

一応自称スワップ派としては、Hirose-FX2にも資金置いて、ポジション持ってるんだけど、今の相場じゃ、当分本格的なスワップ積み立ては無理。
本当は早くスワップ金利でうはうはしたいのに。

さてそろそろまたチャート眺めに戻るとします。
 にほんブログ村 為替ブログへ
orz
途中までは、順調に稼いで、+5,700円までいったのだが、ボタン掛け間違いで、最後に利益を無駄にはき出して終わる。

+2,000円。

今週は昨日のドローを除いて全勝したが、最後が悔やまれる結果に。

どう失敗したかというと、

・レンジ上限で売りを仕掛けたら、ブレイクされてしまう。
・下げ出したので、ナンピンしたら其処が単なる押し目で、さらに持ち上げられる。
・それをさらにもう一回喰う。
・その後、千円台のロスで済む範囲まで3回戻るも手仕舞えず。
・4度目の時に、諦めてドテンしたら下げが本物だった。
・手仕舞ってコレ書いてる間に、急転上昇中orz

マジで凹む。
最後の勝負、出だしをミスってなければ、2万円ぐらい楽勝で稼いでるのに……。
稼げる時に稼がないと、やっていけないのになぁ。

最大の反省は、押し目で手仕舞いしてないこと。
手仕舞って、新ポジ取った方が絶対効率が良いのに、一度建てたポジで損失を出さないことに固執してしまった。

来週は、ダウが上げて終わったのを受けて、久しぶりに円安展開に成ることを期待。
そして、口座資金を元の5万円まで戻すことを目標に頑張ろうと思う。
 にほんブログ村 為替ブログへ
先週は負け無しで来たのだが、遂に今週初っぱなで負ける。
ただ、デイトレじゃなくて、システムトレードで痛い目に……orz

出がけに、3ロット購入して108.98銭決済と-25pipsで損切り指定した分が、昼の突然の暴落でピンポイントで損切り発動されていて-7,500円。

今日の日中は、絶対円安と踏んでいただけに、物凄く凹む。

で、取り返しに掛かったのだが、今日は非常に体調が悪い。
朦朧とした状態で何とか1,400円は取り返したが、その後は山を買って谷を売るような酷い取引連発。
でまぁ諦めざる得ない結果に……。

本日トータル-9,700円。

実質シストレ分の損害が全てと言って良い。
シストレの損害がなければ、素直に寝込めば済んだのに。
シストレの損を戻そうとして、さらに余計な損害を喰うハメに。

で、今起きてコレを書いているが、寝込んでる間にダウが暴落して酷い状況になっている。
先週末の上げは、何だったのかと言いたい状況だ。
どうも、スワップ派にとって受難はまだ続くようだ。
 にほんブログ村 為替ブログへ
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。