お気楽期間工生活から、お気楽スワップ金利生活へ、限りなく予算ゼロ・低予算で目指す、外国為替証拠金取引(FX)初心者奮戦記。目標月収50万円!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 にほんブログ村 為替ブログへ
対決シリーズ、まずは金利対決をしてみたいと思います。
FXの金利と外貨預金の金利を比べてみたいと思います。
とはいえ、レバレッジを効かせられるFXは、その気になれば外貨預金の10倍の金利とか平気で狙えるワケで、ハナから勝負になりません。
此処では、外貨預金と全く同じ利用方法。即ち、レバレッジ1倍での金利比較をしてみることにします。

◆比較条件
比較対象:NZドル預金
外貨預金預入金額:100万円
預入期間:1年
為替レート:1NZドル=85円
スワップ金利:1万NZドル辺り175円
レバレッジ:1倍


比較対象は、スワップ派に安定した人気のNZドルで行ってみます。
外貨預金の金利は、100万円を1年定期で預金する場合の11月時点の金利を調べました。

為替レートは、11月30日時点でのレートを円以下切り捨てて1NZドル85円に設定。
スワップ金利は、サイバーエージェントFX社の11月30日のスワップ金利を採用することにします。



◆FXの金利計算
大雑把にスワップ金利を実質年利に換算すると、約7.01%になります。

まず100万円でNZドルが幾ら購入できるか求めます。
1NZドル=85円から、100万円÷85円=約1.18万NZドル。
ほとんどのFX業者では、1,000通貨単位未満は取り扱っていませんから、1,000通貨単位未満を切り捨てて、100万円で購入できるNZドルを1.1万NZドルとします。
1日につき、1万NZドル辺り175円のスワップ金利が付くとして、
1.1万NZドルX175円=約192円
1年=365日X192円=70,080円
これが、100万円で1年間に得られるスワップ金利になります。
よって、年利に換算すると、7.008%=約7.01%となります。

◆順位発表
1位 スタンダードチャータード銀行 7.40%
2位 住友信託銀行 7.35%
3位 ソニー銀行 7.23%
4位 シティバンク銀行 7.13%
5位 三井住友銀行 7.02%
6位 サイバーエージェントFX 7.01%
7位 三菱東京UFJ銀行 7.00%
8位 みずほ銀行 6.83%
9位 オーストラリア・ニュージーランド銀行 6.52%
10位 イーバンク銀行 6.00%※
11位 新生銀行 5.00%
12位 東京スター銀行 4.20%

FXの代表としてサイバーエージェントFX社を取り上げましたが、今回調べた中では丁度中間の6位となりました。
サイバーエージェントFXのスワップ金利は、高い方ですから、上位の外貨預金の金利は、決してFX業者に引けを取らないと言えます。
1位のスタンダードチャータード銀行は、馴染みが薄いと思いますが、ロンドンに本部を置く世界5位のグループです。
後、ネットバンクのイーバンク銀行は1年定期物を取り扱っておらず、普通外貨預金の金利になります。

なんだ、同じ土俵で金利対決すると、外貨預金も結構頑張ってるんだ。
そんな風な順位結果ですね。
でも、なんか条件が欠けてる気がしません?
そう。手数料について何も触れてませんね。

ってなわけで、次の対決は手数料対決です。
手数料を加えると、果たして順位がどうなるか? こうご期待!
スポンサーサイト
 にほんブログ村 為替ブログへ
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。