お気楽期間工生活から、お気楽スワップ金利生活へ、限りなく予算ゼロ・低予算で目指す、外国為替証拠金取引(FX)初心者奮戦記。目標月収50万円!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 にほんブログ村 為替ブログへ
実は、先週ぐらいに、アイスランドクローナの仕掛け時に関して書こうとしてたら先を
越されちゃいました。アイスランド中銀に。

いや、かにマジンさん所で、殺人通貨話していて、候補にランドとかトルコが
出てたんだけど、「いやいや、今最もホットな殺人通貨はアイスランドクローナ
でしょ」とか書こうと思ったけど、やってる人にしたら気分の悪い話なので
自重して、「下落激しいアイスランドクローナの仕掛け時は今か?」みたいな
事を書く準備していた矢先に、よもやの緊急利上げで他通貨に対して軒並み
5%上昇しちゃったって話。

思い立ったら直ぐ記事にしないとダメですな。

ちなみに、ISKJPYがどんだけ酷い下落をしてたかというと、去年の7月に付けた
高値2.0527円から瞬間的に40%割り込み、終値ベースでも38%越える下落。
つまり、高値買いの人はレバレッジ3倍でも軒並み殺されてるという惨状。
同時期のランド円が、17.751円から11.57円で34.82%の下落なので、みんなが
悲鳴を上げてたランドより、さらに5%以上落ち込んでるのですよ。
しかも3月に至っては、たった3週間で20%越える下落。

なんでこんな悲惨な状況になっているかというと、アイスランドが金融産業に
依存している為です。他の高金利通貨国家は、インフレ対策として、高金利
政策を敷いているワケなのですが、アイスランドは外貨獲得が目的で意図的
に長期高金利政策を行っています。
その結果、世界金融市場の影響。サブプライム問題による世界規模の信用
収縮の悪影響をモロに被ってしまったワケです。

まぁ伏線は、もっと前にあったんですけどね。
例えば、確か今年に入ってだったと思いますが、アイスランドの国家自体に
対する格付けを、格付け会社が2段階引き下げたというニュースを見ました。
その時は、アイスランド主要行に対しての格付けは引き下げられなかった
為か、それほど市場は反応しませんでしたが、「アイスランドまだ下がるの
と違う?」と思った覚えがあります。

さて、今回アイスランド中銀は金利をいきなり1.25%も引き上げて、15%にした
ワケですが、これはちょっと逆に心配になっちゃうんですよ。早過ぎないかと。
競馬で例えるなら、向こう正面でスパートしたようなモノだからです。
GIサブプライム問題脱出杯は、実のところ第2カーブすら回ってないんじゃな
いかという気がするんです。それどころか、1600芝と思ってたら、3200ダート
に変更されそうな雰囲気です。
こんな状況で、そんな強烈な鞭を入れちゃって、最後まで走れるのかと。

よって、この利上げは個人的にネガティブと判断します。
金がないから、私は手を出しませんが、金利に目が眩むと痛い目に遭うかも
しれません。
スポンサーサイト
 にほんブログ村 為替ブログへ
アイスランドクローナのスワップが酷いことになってます。
最近、1.4円台に持ち直して、買い損なったかなと思ってたら、今週カバー先のSaxoBank
が、ISK/JPY買いスワップに対して、マイナススワップを配信しだした模様。

で、SaxoBankとカバーしているヒロセ通商の「HiroseTrader」や、アストマックスFXでISKポジション
に対して注意喚起がされています。

HiroseTraderをご利用のお客様へのお知らせ( ヒロセ通商株式会社)
Algorithm Trade FX ISK/JPYのスワップについて[PDFファイル](アルゴリズムトレードFX )

アストマックスFXの方がPDF文章ですが、事情を詳しく書いてます。
ぶっちゃけると、「ISK買い手が付かないから、スワップ付けられないよ!」と……。

アイスランドクローナからスワップ取ったらなにが残るんだよ!!

しかも、スワップ正常化の見通しが立っておらず、当面逆転現象が続く可能性すら有る。
また、流動性が下がって、取引時間内でも注文が成立しない可能性もあるとか書かれ
ちゃってます。

これは、流石に酷い。
今ISK/JPYロングポジの人で差益出てる人って殆ど居ないんじゃないでしょうか?
いくら高金利でも、取引需要が少なすぎるマイナー通貨への投資は、こんなコトが
起きるので慎重に行いましょうとしか……。
にしても、アイスランドクローナロンガー浮かばれない。
 にほんブログ村 為替ブログへ
0.5%の緊急追加利上げで15.5%と、遂にトルコリラを越える金利に。
想定目標の3倍のインフレに歯止めが効かず、再度の利上げとなったようですが……。

しかし、こうなると現在のスワップ逆転状態の早期解決は、望み薄と見るべきか?
アストマックスFXでペソとアイスランドクローナ、積み立てるならどっちがお得?」
なんて記事を用意中だったのにorz

ちなみに、ISK/JPYスワップ4.5円前提の記事の結果だと、少額資金で加速度的に積み立て
数が増えるメキシコペソより、圧倒的に積み立て速度で劣るのに、10年後にはアイスランド
クローナを積み立てた方が5.45倍も資産が増える。高金利最高!ってオチだったんだけ
どね。

 にほんブログ村 為替ブログへ
アイスランドクローナを取り巻く環境が更に悪化しました。

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、アイスランドの長期外貨建て格付けを「Aプラス」から「A」に引き下げ、見通しに対してもネガティブとしています。

アイスランドの長期外貨建て格付けを引き下げ、見通しはネガティブ=S&P | Reuters

S&Pは、4月頭にアイスランドの格付けを、格下げ方向でのクレジット・ウォッチに入れていましたので、この結果は予想範囲ですが、今現在ポジって居るロンガーには辛い内容。

アイスランドの負債は「前例のない水準に達した」と指摘。企業および家計の負債は、2007年末時点で国内総生産(GDP)の400%超に達しており、2004年時点の184%から拡大している。


正直、そんなに悪くなってたのかと驚きました。
なんせ、人口約31万人の国ですからね。アイスランド。
北海道と四国を合わせたぐらいの面積の島に、青森市や久留米市程度の人しか住んでないわけですよ。
それで、負債がGDPの400%越えてるって……。
うわ、そう考えたら、アイスランドのイメージに夕張市が浮かんできた。
これはちょっと投資できない。

この発表を受けてか、ISKはドルに対して約1.9%の下落。ISK/JPYは約0.5%の下落で、再び1.2台を目指すような気配に。

これでは、スワップの逆転状態も当分解消の目処が立たないんじゃないかなぁ。
金融不安が解消されれば、一気に色々問題解消されると思うんだけど……。
 にほんブログ村 為替ブログへ
アイスランドクローナのスワップがプラ転したらしいと言うことで、アストマックスFXと、HiroseTraderのスワップレートをチェックしたのですが、どうもまだマイナスみたいだ。
どうやら、先週の3倍デーだけ辛うじてプラ転になっただけのようだ。

では、いったい何時になったらアイスランドクローナのスワップはプラ転するのか?
此処しばらくの為替相場の動向を見た感じ、次の3倍デーか来週以降ぐらいにプラ転するかな?
と思っていたんですが、今週GW直前週なんですね。気づいたら。

上田ハーローFXでGWのスワップカレンダーが発表されてましたが、今週から来週に掛けて、不規則に纏めて付与される予定になっている。

2008年GWスワップカレンダーPDF

ちなみに、私のメイン運用口座、【外貨ex】の南アフリカランド/円のスワップ付与日程は、明日5日分、金曜に7日分の予定。

アイスランドクローナのスワップ付与がどうなるか不明ですが、これから2週間ほどは為替取引が閑散になるのでは?
と、なるとアイスランドクローナの流通量も細ると予想されるので、今週もプラ転が見送られるのではないかというのが、一点。

もう一つは、このタイミングでアストマックスFXが、証拠金率の変更アナウンスを出した点。

証拠金率変更のお知らせPDF

economyコース
 アイスランドクローナの証拠金を、4%→8%
businessコース
 アイスランドクローナの証拠金を、2%→8%
 トルコリラの証拠金を、4%→6%
 南アフリカランドの証拠金を、2%→4%

変更は5月12日10時より予定とのこと。

で、変更理由が流動性低下。
アストマックスFXは、1月のSAXOバンクからの証拠金率引き上げ通知に対して、独自にアイスランドクローナの証拠金率現状維持を貫いていたのですが、とうとう屈してしまった形です。

こうなると、いよいよアイスランドスワップの逆転現象は長期化?
GW直前の纏めスワップも、またマイナスなのか?

相場は多少回復してるけど、アイスランドクローナホルダーには、まだ受難の日々が続きそうです。
 にほんブログ村 為替ブログへ
-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。